リスクヘッジとデリバティブ

デリバティブ評価が重要なわけ

当社のリスク管理の考え方

サービスメニュー

小冊子お申し込み

無料メルマガ配信中

-マーケットリスクから会社を守る-
リスクニュートラル公式メールマガジン

イメージ

金利上昇、価格高騰に左右されないリスクヘッジを考えるガイドブックメルマガ。
購読お申し込みはこちら

御社名 :
お名前 :
メールアドレス(必須) :

デリバティブ取引で損をしないためには

ご案内

トピックス

コンサルタントの紹介

マーケットリスク管理コンサルタント 倉井健一

プロフィール写真

為替リスク、マーケットリスクにフォーカスし、輸出入業者が抱える問題を、評価・分析・レポーティング・コンサルを通して具体的なアドバイスで解決に導きます

プロフィールはこちら

リスクヘッジ手法のコンサルティング

御社のリスクヘッジ戦略を支えてミスの無い取引執行をお手伝い

リスクヘッジのために金融取引を行うにあたっては様々な取引条件を決めることが必要です。

一般的には決済日、決済価格、取引価格(手数料)ですが、オプション取引の場合には権利行使日、権利行使価格などが追加されます。
また、約定日や売買区分、額面金額なども契約時に必要です。

つまり、どのような金融商品をいつ、どれくらい、どのような条件で買うのかあるいは売るのかを取引条件がマーケットの動きと共に刻々と変動している中で決定しなければならず、マーケットや金融商品に決して詳しいとは言えない財務担当者にとっては困難を伴うことが多いのです。

デリバティブ取引の商品性や評価について詳しい担当者が一人いればたいして問題にならないことですが、多くの企業にとっては不安を抱えながら手探りで取引を執行することになってしまいます。

リスクニュートラルではデリバティブ取引に詳しい専門性を備えた人材をご用意しています。
御社のリスクヘッジ戦略を支えてミスの無い取引執行をお手伝いします。
是非ご相談下さい。

当社のコンサルタントの紹介はこちら

クライアント企業の要望に良く耳を傾けて、適切なアドバイスをいたします

お問い合わせ・無料相談のご予約は、お電話または、メールにてお気軽にどうぞ

電話・メールの前に必ずこちらをクリックしてください

このページの上部へ