リスクヘッジとデリバティブ

デリバティブ評価が重要なわけ

当社のリスク管理の考え方

サービスメニュー

小冊子お申し込み

無料メルマガ配信中

-マーケットリスクから会社を守る-
リスクニュートラル公式メールマガジン

イメージ

金利上昇、価格高騰に左右されないリスクヘッジを考えるガイドブックメルマガ。
購読お申し込みはこちら

御社名 :
お名前 :
メールアドレス(必須) :

デリバティブ取引で損をしないためには

ご案内

コンサルタントの紹介

マーケットリスク管理コンサルタント 倉井健一

プロフィール写真

為替リスク、マーケットリスクにフォーカスしにフォーカスし、輸出入業者が抱える問題を、評価・分析・レポーティング・コンサルを通して具体的なアドバイスで解決に導きます

プロフィールはこちら

公式ブログ

プレミアムとディスカウント

2016年7月13日

フォワードレートとスポットレートの差異(フォワードレート - スポットレート)を直先スプレッドと言います。

フォワードレートはスポットレートと金利から次のように計算することができます。例えば米国の1年物金利が5%、日本の1年物金利が1%、ドル円のスポットレートが1ドル=100円だった場合を考えてみましょう。

米国内では1ドルの価値は1年後に1.05ドル、日本国内では100円の価値は1年後に101円となります。したがってドル円の1年後のフォワードレートは、

1ドル = 101円/1.05 = 96.19円

です。この場合、直先スプレッドは、96.19-100 = -3.18 となります。

このように直先スプレッドがマイナスの場合をディスカウント、逆に直先スプレッドがプラスの場合をプレミアムと呼んでいます。

クライアント企業の要望に良く耳を傾けて、適切なアドバイスをいたします

お問い合わせ・無料相談のご予約は、お電話または、メールにてお気軽にどうぞ

電話・メールの前に必ずこちらをクリックしてください

このページの上部へ