リスクヘッジとデリバティブ

デリバティブ評価が重要なわけ

当社のリスク管理の考え方

サービスメニュー

小冊子お申し込み

無料メルマガ配信中

-マーケットリスクから会社を守る-
リスクニュートラル公式メールマガジン

イメージ

金利上昇、価格高騰に左右されないリスクヘッジを考えるガイドブックメルマガ。
購読お申し込みはこちら

御社名 :
お名前 :
メールアドレス(必須) :

デリバティブ取引で損をしないためには

ご案内

コンサルタントの紹介

マーケットリスク管理コンサルタント 倉井健一

プロフィール写真

為替リスク、マーケットリスクにフォーカスしにフォーカスし、輸出入業者が抱える問題を、評価・分析・レポーティング・コンサルを通して具体的なアドバイスで解決に導きます

プロフィールはこちら

公式ブログ

ユーロのマイナス金利政策

2015年12月21日

昨年(2014年)の6月にマイナス金利を導入したECB(欧州中央銀行)ですが、この12月にさらに引き下げて -0.3%にすることを決めました。メディアの中にはマイナス金利を0.2%から0.3%に引き上げたなどと報じたところもあり、過去にあまり前例がない事態なので報道する側にも若干の混乱があるようです。(金利が-0.2%から-0.3%になったので金利の引き下げです)

ヨーロッパの金融機関がECBにユーロを預け入れた際、通常利息をもらうところを金利がマイナスなので利息を払うことになるのです。逆に言うとお金を借りた側が利息をもらうことになる、あべこべの世界になぞらえて不思議の国のアリスのようだと称しているメディアもあるようです。

ただ、0.1%から0.0%に引き下げるケースと0.0%から-0.1%に引き下げるケースとの間で何か決定的なギャップが存在するのかと問われればそれは無いと思います。プラス金利からマイナス金利への変化は経済学的にはきわめて連続的に解釈が可能なのです。

資本主義のルールの解釈が変わった、こう考えれば良いのではないでしょうか。つまり資本主義とはお金をいかに増やすかというゲームだったわけですが、そのルールがお金をいかに減らさないかというように変わったのです。ゲームのルールは同じです。最後にお金を一番持っている人が勝ちです。ただ、経済環境が厳しくお金を増やすことが出来ないので、なるべくお金を減らさない。そのためにはどうすれば良いのかということになってきます。

企業への貸し出し金利は長期金利に連動します。長期金利は潜在成長率とインフレ率で決まります。潜在成長率が低下しデフレになれば銀行は貸し出しで資産を増やすことができなくなります。ECBへ預ければ-0.3%、企業へ貸し出せば-0.2%、だったら企業へ貸し出そうかという効果をマイナス金利政策で狙っているのです。

日本にもマイナス金利は存在します。短期の国債の取引金利が-0.1~0.0%で取引されています。これは政策的に行っているというよりも国債が品薄で買い手が多いため、需給の関係で価格がつり上がっているという事情のようです。

クライアント企業の要望に良く耳を傾けて、適切なアドバイスをいたします

お問い合わせ・無料相談のご予約は、お電話または、メールにてお気軽にどうぞ

電話・メールの前に必ずこちらをクリックしてください

このページの上部へ